英語の中学レベルに100%の自信をもって答えられない人

先週入塾してくれた生徒と、
本日2回目の授業でした。

今日は2時間のうち、半分の1時間は英単語の仕組みや覚え方について説明した。
使っているのは、システム英単語BASIC.
中学単語からはじめて、最後まで通せば高校標準くらいの力はつく。

使い方としては、
1.10日で100個単語を覚えなければならないときは、
1日10個を10日やるのではなく、
1日100個を10日やるようにしよう。

100個できるようになるには、1週間後に85%以上の正答率をキープできればいいだろう。

単語学習において大切なことは、
記憶の仕組みを理解すること。

理解できていない問題を無理やり丸暗記しようとしても得られるものはない。
まず理解に時間をかける。ノートに書き写し絵もいい。ひたすら量以外の方法で、
目の前の課題と仲良くなる。

ある程度「新密度」が直近の問題との間で高まってきたなら、
繰り返しに入っても問題ない。

むしろ、よく理解できたものを、何度も反復することで、
本質を捉え、かつ、瞬発力をもって、単語を記憶できるようになるのだ。

勉強の仕方をまとめると、
・単語と仲良くなる
・一日本語を読んでから3秒以内に英語がでるかの確認。
・上で間違えたものはノートに何度か書き出し、「よく間違えるリスト」として保管しておこう。
・最終的に、3秒だけ日本語(英語)を見て、対応する英語(日本語)を即座に放出する。
これがまず100個の単語でできるようになれば、それが1500個になろうが、楽勝である。

次回の授業時の課題を発表します。
シス単1-100の単語から、日本語もしくは英語を読み上げ、その対応する英語もしくは日本語を、
3秒以内にこたえられるかを確認する。
「えーと・・・」とよくいってしまうので、注意。

このように何がテストされるのかを明確に示すことにより、
それまでの自主学習の質は高まり、狙いを定めたものとすることができるのだ。

次回も期待しています。


光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1/24 英語の道しるべ【メルマガバックナンバー】

メルマガバックナンバーを掲載します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
このメールは、学習法を教える光塾にご関心のある方向けに配信しています。
バックナンバーはこちら http://dear-ex.com/bkn48607/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

独自ドメイン、知ってますか? ぺライチというサイトでランディングページを作りました。
が、URLがダサすぎました。
peraichiって書いてある。ダサい。
で、独自ドメインを取得してhikari-jukuに変えました。
設定はクラウドワークスのすごい人にやってもらいました。
ワードプレス乗っ取られてたのも直してくれたし、 独自ドメインとってくれたし、 しかも固定ページのブログ、ホーム、お知らせに最新記事が載るようにしてくれて。
そうそう、すべてのページにSNSボタンついてるし。 なにこれ神かよ・・・ 本当にありがとう!!

https://crowdworks.jp/public/jobs/1036162?ref=mypage_jobs#confirm

お仕事の詳細はこちらです。

NewInnovationsさん本当にありがとう! 毎日ありがとうしてます!!
ぜひPC周りで困ったときは、NewInnovationsさんにお願いしてみよう!
格安でこちらが望んでいること全部やってくれます! ぜひ相談してみてください。

光塾申し込み http://info.hikari-juku.jp/
メルマガ登録 http://mail.hikari-juku.jp/
光塾ちょこっと相談 http://contact.hikari-juku.jp/
光塾個別コンサル プレミアム生徒募集 http://ev.hikari-juku.jp/

以上、Newinovationさんの作品でした。 本当にありがとう!!!

ここから真面目に英語の話をします。

光塾では、学習の順序にこだわります。

英文法や長文をやみくもにやってもだめ。

やる順番というものがある。

光塾で最も授業数が多いのは英語です。
受験生はもちろん、社会人や院生でもTOEICを意識して受講しています。

さて、誰しもがやる英語ですが、学習法が確立している人はどれくらいいますか?
とりあえず単語、とりあえず文法、とりあえずリスニング・・・みたいになっていませんか。

明確な目標と課題をもって、英語の学習に臨みましょう。
ここでは英語学習のステップについて書きます。

英語学習のステップ

1 英単語
2 英文法
3 解釈
4 長文

5 フォニックス
6 リスニング

それではまいりましょう;。

まずは単語からです。
これについては、最初から最後までやってください。
単語が終わってから文法に・・・みたいのはやめてください。

単語帳は、初心者にはシステム英単語をおすすめしています。
フレーズをつかって単語を覚えますが、このフレーズがハイクオリティでよいです。

基本的に、英語→日本語 日本語→英語 ができるようにしてみてください。
2回目以降は、発音やアクセントにも気を使いながら進めてください。

また暗記のコツとして、
1日10個を10日やるよりも、
1日100個を10日やったほうがよい。

つまり、全体を何度もリピートするという方法が必要なのだ。

日本語→英語 英語→日本語 アクセントすべてチェック

シス単はCDも売ってますので、ぜひ使ってください。

2 次は英文法です。
英文法も階段を昇るように攻略していきましよう。

おおまかにスケジュールは以下です。

・中学~高校基礎
・高校典型問題
・過去問

以上のような流れになります。
最終的には過去問が解けるようになるのを目指しますが、
最初は簡単なところからはじめましょう。

まずは中学校の範囲からやり直してください。
たとえば、
・形容詞と副詞の違いは?
・Cになれる品詞は?
・第5文形の意味は?

こういうのにつまずくなら、
悪いことは言わない。絶対中学からやり直したほうがいい。

この段階でおすすめなのは、
安河内先生の『超きそがため!わかる英文法』なので、これを買うといいだろう。

 

さて、基礎段階を終えたら次は典型問題だ。
教材は『マイベスト』が難易度、問題数ともに優れている。

基本的には、英文をノートに書き、
そこで構文をとり、問題を解いて答え合わせをするのだ。

これを400題頑張ろう。

ここまでできたら過去問だ。
意外に解けて驚くだろう。

大学ごとの傾向も多々あるので、それに対応するように勉強をしよう。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

英語学習のStep  2段目まで(高校英文法基礎編)

以下の記述は河合記述模試で偏差値60未満の方向けのものです。
kevinrosseel_031408_014_convert_20110318214528.jpg
階段を昇る~英語学習のStep~

1 中学学習範囲の英単語、英文法を押さえる。
2 中学学習内容の確認をしつつ、高校英文法の基礎を学ぶ。
3 2で学んだ基礎に基づき、典型的な英文法問題を利用して「解くための英文法」を身につける。
4 「解くための英文法」を「読むための英文法」に昇華する。
5 簡単な英文を読み込み、2~4を有機的に関連付ける。
6 傾向対策へ。

教材の選定について
以下では僕が授業で利用しているものを掲載していますが、目的さえ果たせれば何を利用しても構いません。
もしすでに利用しているものがあり、極端に簡単、ないしは難しいものでなければそれを利用してください。
現在目的に適合する教材がない、または自分の持っている教材と比較する力に自信がない場合、下記の教材を利用すれば外れることはありません。
下記の教材はその程度の目安だと思ってください。
スタートラインの決定と到達目標

Step5までの学習で、センター8割は安定して取れるようになります。
逆に言うと、センター8割が安定してとれないうちはここから始めるべきでしょう。
センターの長文問題は配点が高く、運がよければ8割程度とれてしまいます。
厳しく自分の実力を判定し、スタートラインを決定しましょう。
ロッククライミングを防ぐ
センター対策や二次対策(和訳、英作文、要約問題、リスニング)等はStep5を終えてからでないと十分な効果が得られません。
ひとまずはStep5まで昇りきりましょう。
単語について
中学校段階でつまずいた人はを一気に見直します。
それ以外の人は、から始めればよいでしょう。
単語の覚え方については、別に記事を書きます。
今すぐ単語の勉強を始めたいという方は、お手数ですがTwitterに情報を書いていますのでそちらを参考にしてください。
熟語について<br />
熟語帳を利用した熟語の学習もまだ必要ありません。
上記単語教材と、主にStep3の学習でひとまずはStep5まで昇れます。
1 中学学習範囲の英単語、英文法を押さえる。
使用教材




中学段階の学習は、知っているか知らないかの2択です。
まずはすべてを知ることから。
そして、知ることができたなら、反応速度を徹底的に高めます。
具体的なやり方は以下のとおり。
間違えた問題と一瞬でも悩んだ問題をチェックしながら、全問正解できるまで繰り返し解きましょう。
その際、知らなかった単語や文法事項、時間のかかった問題は必ずノートにまとめておくこと。
そのノートに書かれたことのすべてが、まさにあなたの高校学習でのつまずきの原因です。
毎日前日までの復習を行います。
つまずきをまとめたノートをすべて記憶してから、もう一度反射神経で解けなかった問題を解き直します。
復習をしながら進め、1冊が終わったらもう一度チェックをした問題を解き直します。
一回目につまずいた問題が、反射神経で解けるようになるまで繰り返しましょう。
中1→中2→中3の順に上記の通り学習をしてください。
この段階から始める人は、本当に学習が辛く感じることでしょう。
しかし、ここさえ突破できれば高校の学習は驚くほど簡単に理解できるようになります。頑張ってください。
すべての問題が悩まず反射神経で解けるようになったら、次のステップへ。
2 中学学習内容の確認をしつつ、高校英文法の基礎を学ぶ。

目的
1 中学学習内容を確認する
2 高校英文法の基礎を学びつつ、全体像を把握する。
(3 英文法の分野ごとの関連を明確に理解する)
※3は先生や講師がいる場合のみです。自習の場合はStep3以降の課題となります。

使用教材

新規の学習
1 フォレストの不定詞に関する章のPart1を2回読む。
・その際、英文法のイメージを膨らませること。
・理解しづらい部分は図解を行うこと。
2 『基礎がため』の不定詞部分を解く。
・問題文は必ずノートに書くこと
・正解/不正解に囚われず、『フォレスト』のPart1の内容を具体的な問題とリンクさせることを心がける。
 特にこの意識が重要です。
 これができるかどうかで、一問一答的な学習になるか、土台を固めた磐石な学習になるかが決まります。
・1問毎に答え合わせを行う。
・その際、「知らなければいけなかったこと」、「解法のプロセス」を言葉にしてノートに書く。
・ひと通り終えたら、再度解き直す。解き直す際は、正解を選べたかどうかではなく、先ほどノートに書いた「言葉」が頭に浮かぶか、頭に浮かびその通りに問題が解けるか、を徹底的に意識する。
3 もう一度『フォレスト』のPart1を読む。
・2で解いた具体的な問題とリンクさせるよう意識します。
4 『フォレスト』のPart2の例文を読み、不明点をなくす。
・すべての例文で訳がわかり、含まれている文法ポイントがわかれば十分です。
・ややこの段階が辛い、という方は例文をすべてノートに書きながらなんとか理解しようと努めましょう。
ここまでが新規の学習です。

『超基礎がため』の分野ごとに以上の学習を行います。


復習について。

復習は毎日行うこと。
基本的には前日の復習を行ってから、新しい単元に入ることにします。
復習では、昨日の問題を見て、ノートに書いた言葉が浮かぶか、を考えます。
浮かばなかったものはもう一度新規の学習と同様のプロセスを踏み、できるまで繰り返しましょう。
フォレストPart1の内容が具体的な問題と結びついて理解でき、
すべての問題が「解法のプロセス」が頭に浮かんだ上で解けるようになったならば次のStepへ。
(続く)

Steo3以降、つまりセンターレベルを超え、早慶や東大のレベルまで駆け上がっていきます。
詳細を知りたい人は、明日配信のメルマガをごらんください。



*メールアドレス
*お名前(姓・名)

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

メルマガ登録で仮定法マニュアル無料プレゼント!

15日18時にメルマガで仮定法マニュアルのパスワードを送信します。
18時までにメルマガに登録してください。
かなり濃いマニュアルができました。

登録はこちらから。

 

当日はこちらから

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

保護中: メルマガ登録者限定 仮定法マニュアル!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

中学英語総復習【動画授業】

おつかれさまです。

授業の風景を動画にしました。

ご覧ください。

仁君 中学英語総復習

 

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

英語文型まとめ

先生、こんばんは。
今回は文型中心にこの前のまとめの演習も兼ねながら書いてみました。
またお時間あるときに見ていただけるとうれしいです。

-文型

5文型は2つに、第一第二は自動詞、第3-第五文型は他動詞に分けられる。
文型によって意味がわかるので文型は英語においてとても重要。

自v. 第一文型 SV
第二文型 SVC
他v. 第三文型 SVO
第四文型 SVOO
第五文型 SVOC

-文型とそれぞれの文型の意味

第一文型 SV

Vには往来発着系か状態v.(いる・ある)がくる。

ex) I go to school.
I はSで go がV。to schoolは to が前置詞でschoolが名詞で副詞句になっている。

第二文型 SVC SはCである

S=C(+α)が成り立つ。
状態v.と知覚v.がくる。(keep,get,seemなど)

ex)She is very kind.
SheはS、isはV、veryは形容詞kindを修飾しているので副詞、kindは形容詞でS=CつまりShe=kindが成り立つ。

第三文型 SVO SはOをVする

動詞の語彙力勝負。
OをVはとるのでVには他動詞がくる。

ex)He cooked dinner.
HeはS、cookedはV、dinnerは名詞で目的語。

第四文型 SVOO SはO1にO2をVする

Vにはあげる系+αがくる。(give,tell,buy,makeなど)
O1には人、O2には物がくる。
受動態が2パターン作れる。

ex)He bought me a book.
HeはS、boughtはV、meは代名詞でO1、a bookは名詞でO2。
※代名詞補足下記参照

第五文型 SVOC  SはOをCにする・させる / Sのおかげで(せいで)OはCになる

使役系動詞、知覚系動詞がVにくる。(make,keep,findなど)
使役v.
①make have let +原形不定詞
②getなど +to不定詞
知覚v.
原形不定詞・分詞
※to不定詞は×

ex)The news made me happy.
The newsはS、madeがV、meは代名詞でO、happyは形容詞でC。
そのニュースは私を喜ばせた。/ 私はそのニュース(のおかげ)で喜んだ。
私が喜んだこと、O以下を強調したい場合は後ろの訳が良い。

※代名詞
代名詞は役割によって形が変わることがある。

ex) he
Sで使うときはhe、目的語で使うときはhim、補語のときはhe or himとなる。

この後、ややこしいなと思う準動詞、関係代名詞のまとめを先にしようと思います。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

英語学習のSTEP3

階段を昇る~英語学習のStep~

1 中学学習範囲の英単語、英文法を押さえる。
2 中学学習内容の確認をしつつ、高校英文法の基礎を学ぶ。
3 2で学んだ基礎に基づき、典型的な英文法問題を利用して「解くための英文法」を身につける。
4 「解くための英文法」を「読むための英文法」に昇華する。
5 簡単な英文を読み込み、2~4を有機的に関連付ける。
6 傾向対策へ。

3 2で学んだ基礎に基づき、典型的な英文法問題を利用して「解くための英文法」を身につける。

目的

Step2までの学習で、総合英語参考書と簡単な問題集の利用により、次のようなことを学びました。
1)各々の分野を貫く基礎的な考え方
2)分野ごとの関連性についての理解

※前回の記事で述べたように、2)は指導者がいる場合に限ります。
この段階の受験生では独学は不可能です。

さて、以上の下地を基礎とし、「解くための英文法」を身につけるのがこの段階の目標です。
イメージとしては、入試で出題される典型的な文法問題はすべて解ける、という状態を目指します。
入試レベルで具体的に言えば、センター第2問の熟語部分を除く全問正解が到達目標です。
センター試験の文法問題は、他の難関私大と比較しても一定程度のレベルを保っています。難関私大が難しいのは出題形式によるものであって、センター試験を超える文法テーマが出題されることはほとんどありません。ひとまずは、センターレベルの完成を目指しましょう。
正しくこの段階をクリアすることができれば、すべての大学の典型的な4択系文法問題で合格点をとることができます。頑張っていきましょう。

現状と問題

現状を分析し、目標達成までのギャップを考えます。
Step2のクリア段階と、Step3のクリア段階の間には次のような差があります。

1)標準典型問題についての決定的な抜け
2)知識を体系化するだけの問題数の不足
重なりはありますが、以上2点を強調しておきます。
これらがStep3で取り組むべき問題であり、これらのクリアがStep3のクリアとなります。

1)標準典型問題についての決定的な抜け
要するに、知らない文法テーマがたくさんある、ということです。
これらの抜けについては以下の2種類に分けることができます。

1 分野それ自体の不足
僕の推奨教材を利用していれば、名詞、形容詞、副詞、倒置、省略、強調、否定といった文法分野についてはまだ学習を行っていないはずです。これらは一から学習を行う必要があります。特に、倒置、省略、強調、否定は次のStepであるStep4に直結する分野です。理解を重視し、断片的な知識にならないように気をつけます。

 2 分野学習の浅さ
Step2で利用した教材は、分野の全体像を掴むために、枝葉の部分を削ぎ落したものを利用してもらいました。したがって、一度学習した文法分野であっても、その枝葉の部分についてはまだ学習を行っていません。具体的には次のとおりです。

・動詞と文型:自動詞・他動詞の区別、頻出語法の整理

・準動詞:独立不定詞句、動名詞の慣用表現、独立分詞構文

・時制:未来を表す表現、時制の一致とその例外

・助動詞:助動詞の慣用表現

・仮定法:仮定法現在

・接続詞:相関表現と動詞の数、副詞節を導く従属接続詞、同格のthat

・関係詞:関係詞thatの用法、関係代名詞whatの慣用表現、関係代名詞as,butの用法、
制限用法・非制限用法の区別、複合関係詞の理解

・比較:比較表現の原理、比較表現を使った慣用表現

以上の文法テーマは文法問題として頻出ですから、必ず押さえる必要があります。
しかし、注意深く観察すればわかるように、これらの文法テーマはほとんどが断片的な知識を要求するものです。したがって、枝葉に囚われず本質を理解することを目的としたStep2では敢えて学習対象から外したのだ、ということがおわかりかと思います。

2)知識を体系化するだけの問題数の不足
知識を体系化するためには、どうしても問題数が必要です。
体系化とは、体系を示す抽象的な原理原則を示されるだけでは行えるものではありません。大量の具体的な問題を解くことで、ひとつの抽象化された理論が生まれ、そのとき体系化が可能となるのです。
Step2で行った学習は、ひとつのテーマにつき多くてせいぜい2題程度です。たった2題を解くだけでその文法テーマをモノにできる人はほとんどいません。大切なことは、同じテーマの問題を大量に反復すること。Step2では理解を重視したために、その問題数が決定的に不足していました。そこで、Step3では、Step2で培った理解に基づき、大量に同テーマの問題の反復演習を行います。反復演習の結果、具体的なひとつひとつの問題が、抽象的に捉えられるようになれば、この先現れる幾多もの問題はすべて解くことができるようになります。入試英文法で出題される文法テーマは、せいぜい200-300程度しかありません。すべての文法問題はこのテーマのうちのどれかである、と考えられることがこの段階の学習では最も大切なこととなります。

以上が、目標と現状のギャップです。

3 手段

1)教材
2)使用方法
3)達成度のアセスメント

1)教材

A) 『英文法・語法 』(My best―基礎からベスト入試基本問題集)
もしくは『CDで覚えるNext Stage(ネクステージ)―Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題』の文法・語法部分

これが入試に出る!英文法・語法問題ベスト400

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

B) 『総合英語Forest 6th edition』(桐原書店

総合英語Forest 7th Edition

C) 『熱血教師キムタツの東大英語基礎力マスター Vol.3基本文法篇』 (講談社の学習参考書)

熱血教師キムタツの東大英語基礎力マスター Vol.3基本文法篇

2)使用方法

上記目標を意識しつつ、次のように学習を行います。
以下、関係詞を例に説明します。他分野でも同様です。

1 新規の学習

1 B;関係詞のPart1-3を2回読む。
このとき、Step2で飛ばしたPart3を注意深く読み、発展的な表現やイディオムについては一度ノートに書き、覚える努力をする。

2 A;関係詞の問題を解く。
・問題文は必ずノートに書くこと。
・答え合わせは1問毎に行うこと。
・根拠をもって答えられたかどうかを、正解/不正解の基準とすること。
・上記の基準で不正解となった問題については、フォレストで該当部分を検索し、周辺知識をノートにまとめること。
・解法や覚えておかなければならなかったことを赤ペンで正しい日本語で書く。
・これを関係詞の問題すべてが終わるまで繰り返す。

3 B;最後にBをPart1-3まで通読する。
・気づいたことがあれば、Aの解説のページや、ノートに書いておく。このとき、問題とのリンクを大切にすること。

2 復習

上記の基準で不正解となった問題を解き直します。
以下の点に留意して取り組んでください。
・原則復習の際は問題文を書き写す必要はない。
・解き直しは、赤ペンで書いた知識が出てくるかどうかを正解/不正解の基準とする。
・不正解となったものは、もう一度覚えておくべきことと解法を正しく記憶し、適切な期間をおいて復習を行う。

3)達成度のアセスメント
量を絞った文法問題集を利用して習熟度の確認を行います。
Cを1-2週間で一気に解きます。この問題集で9割以上得点できない場合、今までの学習に致命的な欠陥があります。どこまで戻るべきなのかは各人の判断に任せます。
多くの場合、

1) フォレストを利用した周辺知識の拡充がうまくいっていない
2) 覚えておくべき知識・解法を記憶しきっていない

この2点に問題があるでしょう。それを踏まえてもう一度、上記A,Bに取り組んでください。特に、見たことがあるのに解けなかった、という症状をお持ちであればこれらにつまずきがある可能性が非常に高い。裏を返せば、この2点をクリアできさえすれば、Cは初見であっても9割程度の得点は十分可能です。

根拠と自信を持って9割の得点ができ、間違えた部分の復習を終えたらStep4へ。
いよいよ、文法と長文の橋渡し。
解くための英文法を、読むための英文法に昇華する段階です。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

階段を昇る~英語学習のStep~

以下の記述は河合記述模試で偏差値60未満の方向けのものです。

階段を昇る~英語学習のStep~

1 中学学習範囲の英単語、英文法を押さえる。
2 中学学習内容の確認をしつつ、高校英文法の基礎を学ぶ。
3 2で学んだ基礎に基づき、典型的な英文法問題を利用して「解くための英文法」を身につける。
4 「解くための英文法」を「読むための英文法」に昇華する。
5 簡単な英文を読み込み、2~4を有機的に関連付ける。
6 傾向対策へ。

教材の選定について
以下では僕が授業で利用しているものを掲載していますが、目的さえ果たせれば何を利用しても構いません。
もしすでに利用しているものがあり、極端に簡単、ないしは難しいものでなければそれを利用してください。
現在目的に適合する教材がない、または自分の持っている教材と比較する力に自信がない場合、下記の教材を利用すれば外れることはありません。
下記の教材はその程度の目安だと思ってください。

スタートラインの決定と到達目標
Step5までの学習で、センター8割は安定して取れるようになります。
逆に言うと、センター8割が安定してとれないうちはここから始めるべきでしょう。
センターの長文問題は配点が高く、運がよければ8割程度とれてしまいます。
厳しく自分の実力を判定し、スタートラインを決定しましょう。

ロッククライミングを防ぐ
センター対策や二次対策(和訳、英作文、要約問題、リスニング)等はStep5を終えてからでないと十分な効果が得られません。
ひとまずはStep5まで昇りきりましょう。

単語について
中学校段階でつまずいた人は『中学英単語ターゲット1800―高校入試でる順』を一気に見直します。
それ以外の人は、『システム英単語Basic』から始めればよいでしょう。
単語の覚え方については、別に記事を書きます。
今すぐ単語の勉強を始めたいという方は、お手数ですがTwitterに情報を書いていますのでそちらを参考にしてください。

熟語について
熟語帳を利用した熟語の学習もまだ必要ありません。
上記単語教材と、主にStep3の学習でひとまずはStep5まで昇れます。

1 中学学習範囲の英単語、英文法を押さえる。

使用教材

『くわしい英語 中学1年 新装(移行措置対応)[版] (シグマベスト)』
『くわしい英語 中学2年 新装(移行措置対応)[版] (シグマベスト)』
『くわしい英語 中学3年 新装(移行措置対応)[版] (シグマベスト)』

くわしい英語 中学1年 新訂版 (中学くわしい)

くわしい英語 中学2年 新訂版 (中学くわしい)

くわしい英語 中学3年 新訂版 (中学くわしい)

上記3冊を利用します。

中学段階の学習は、知っているか知らないかの2択です。
まずはすべてを知ることから。
そして、知ることができたなら、反応速度を徹底的に高めます。

具体的なやり方は以下のとおり。
間違えた問題と一瞬でも悩んだ問題をチェックしながら、全問正解できるまで繰り返し解きましょう。
その際、知らなかった単語や文法事項、時間のかかった問題は必ずノートにまとめておくこと。
そのノートに書かれたことのすべてが、まさにあなたの高校学習でのつまずきの原因です。

毎日前日までの復習を行います。
つまずきをまとめたノートをすべて記憶してから、もう一度反射神経で解けなかった問題を解き直します。

復習をしながら進め、1冊が終わったらもう一度チェックをした問題を解き直します。
一回目につまずいた問題が、反射神経で解けるようになるまで繰り返しましょう。

中1→中2→中3の順に上記の通り学習をしてください。

この段階から始める人は、本当に学習が辛く感じることでしょう。
しかし、ここさえ突破できれば高校の学習は驚くほど簡単に理解できるようになります。頑張ってください。

すべての問題が悩まず反射神経で解けるようになったら、次のステップへ。

2 中学学習内容の確認をしつつ、高校英文法の基礎を学ぶ。

目的
1 中学学習内容を確認する
2 高校英文法の基礎を学びつつ、全体像を把握する。
(3 英文法の分野ごとの関連を明確に理解する)

※3は先生や講師がいる場合のみです。自習の場合はStep3以降の課題となります。

使用教材
『総合英語Forest 7th edition』
『超基礎がため わかる!英文法 (STEP BY STEP)』

総合英語Forest 7th Edition

超基礎がため わかる!英文法 (STEP BY STEP)

学習方法(不定詞を例に)

新規の学習

1 フォレストの不定詞に関する章のPart1を2回読む。
・その際、英文法のイメージを膨らませること。
・理解しづらい部分は図解を行うこと。

2 『基礎がため』の不定詞部分を解く。
・問題文は必ずノートに書くこと
・正解/不正解に囚われず、『フォレスト』のPart1の内容を具体的な問題とリンクさせることを心がける。
特にこの意識が重要です。
これができるかどうかで、一問一答的な学習になるか、土台を固めた磐石な学習になるかが決まります。
・1問毎に答え合わせを行う。
・その際、「知らなければいけなかったこと」、「解法のプロセス」を言葉にしてノートに書く。
・ひと通り終えたら、再度解き直す。解き直す際は、正解を選べたかどうかではなく、先ほどノートに書いた「言葉」が頭に浮かぶか、頭に浮かびその通りに問題が解けるか、を徹底的に意識する。

3 もう一度『フォレスト』のPart1を読む。
・2で解いた具体的な問題とリンクさせるよう意識します。

4 『フォレスト』のPart2の例文を読み、不明点をなくす。
・すべての例文で訳がわかり、含まれている文法ポイントがわかれば十分です。
・ややこの段階が辛い、という方は例文をすべてノートに書きながらなんとか理解しようと努めましょう。

ここまでが新規の学習です。
『超基礎がため』の分野ごとに以上の学習を行います。

復習について。

復習は毎日行うこと。
基本的には前日の復習を行ってから、新しい単元に入ることにします。
復習では、昨日の問題を見て、ノートに書いた言葉が浮かぶか、を考えます。
浮かばなかったものはもう一度新規の学習と同様のプロセスを踏み、できるまで繰り返しましょう。

フォレストPart1の内容が具体的な問題と結びついて理解でき、
すべての問題が「解法のプロセス」が頭に浮かんだ上で解けるようになったならば次のStepへ。

(続く)

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

英語のいちばん大切なこと

現在教えてる生徒が、

授業で学んだ英語の基本について文章にしてまとめてくれました。

授業内容を正しく理解して書いてくれて、

英語を学びたいと思う人にとっては大変有意義かと思います。

先生、こんばんは。

英文法の要素、品詞と役割について自分なりに整理してみました。
お時間あるときにでもチェックとご助言いただけると嬉しいです。

1.英文法の要素

◯英文法の3つの要素=意味・品詞・役割

意味 : 具体的
品詞 : 抽象的
役割 : 抽象的

※その単語がどのように使えるのか(どのような品詞と役割なのか)をわかっていることがとても大切。

→これを思った時に英単語を覚える際にどうして品詞を押さえておくのかが重要なのかがはっきり理解できました。どうやって1つの英単語を見ながら覚えればいいかがわかったのでこれから覚えていく分と覚えた分の見直しでやっていこうと思います。

2.品詞
: どの役割を担えるのかを分けたもの・意味において共通性がある
ex)名詞は主語・目的語・補語になれる・名詞は物体や物事の名称を表す語

◯品詞と役割両方の理解・言い換えできるようになると( ・ㅂ・)و good

◯名詞
物体や物事の名称を表す語=SOCになれる
◯形容詞
名詞の状態や特徴を表す語=C or M(名詞修飾)になれる

補語と名詞修飾の違い
・直接的に名詞を説明する→名詞修飾
ex)an interesting book
interestingが形容詞でbookは名詞。interestingはbookにかかっている(=名詞のbookにかかっているからinterestingは名詞修飾)
・間接的に(動詞の力を借りて)名詞を説明する→補語
ex)The apple went bad.
appleは名詞、wentは動詞、badは形容詞。名詞を直接修飾していないのでbadは補語。
(文型:apple=bagでS=Cとなるのでbadは補語)

◯副詞 : その語が他の語に対してどういう関係なのかを表す
ex)主語・目的語・補語

いつ・どこで・どのように などを表す=Mになれる
修飾の種類は動詞修飾・形容詞修飾・副詞修飾の3つ(=名詞以外を修飾)

3.役割

主語(S) : 名詞のみなれる
動詞(V) : 動詞のみなれる
補語(C) : 名詞と形容詞がなれる
目的語(O) : 名詞のみがなれる
修飾語(M) : 形容詞と副詞がなれる

4.品詞と役割と文型

◯文中の形容詞について
名詞を修飾していない→補語(C)→第二文型SVC
→第五文型SVOC のどちらか

名詞を修飾している→名詞修飾(修飾語M)

◯修飾語(M)について-1
名詞修飾をしている→形容詞
名詞以外を修飾している→副詞

→授業前まで意味で考えることが多々ありましたが、修飾の仕方で見た方がわからない単語に出くわした時も対応できるしミスが少ないだろうと思いました。
品詞を区別するにあたって、国語の文の構成を見る練習がとても活きているように思います。(どこにかかっているかのような問題が苦手だったのでそれが解消されたからだと感じます)

◯修飾語(M)について-2
形容詞
①名詞修飾
②前置詞+名詞
副詞
①動詞修飾・形容詞修飾・副詞修飾
②前置詞+名詞

品詞と役割を文で見ていくのは中学の暗記のための例文を使ってやっています。

少し前まで品詞と役割がごっちゃになっていたのですが、かなり整理されたように思うのですが、先生から見てどうでしょうか。
アドバイスなどいただけると嬉しいです。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■