1/10 なぜ仮定法で過去形を使うの?

メルマガバックナンバーを掲載します。

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛
光塾の指導ノート
vol.40 2017/01/10
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは、光塾の学習法に関心がある方向けのメルマガのバックナンバーです。
登録は、https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=hikarijuku でお願いします。

光塾の詳しいプロフィールはこちらから。
http://hikari-juku.hatenablog.com/entry/2016/07/10/120728

今日は仮定法の話をしたいと思う。
仮定法は過去形を使うのはなぜだろう?
別に過去のことを言っているわけでないのに。

過去形とは、距離系なのだ。
だから、現在からの距離、現実からの距離、相手からの距離をとることができる。
すなわち、過去、仮定法、丁寧表現では、過去形が使われるのだ。
だからこそ、過去の仮定の話は、過去形2個分なので過去完了系となるのだ。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  光塾 公式メールマガジン
┃ 【発行責任者】 佐野光

┃ 【公式サイト】
┃  http://hikari-juku.hatenablog.com/entry/2016/06/27/235804
┃ 【公式Line】
https://line.me/R/ti/p/%40hikarijuku
┃ 【Facebook】
┃  https://m.facebook.com/HikariJuku01/
┃ 【YouTubeチャンネル】
┃ https://m.youtube.com/channel/UC-digBsI85fhUAS5FjLl9Yw
┃ 【メルマガバックナンバー】
http://i-magazine.jp/bm/p/bn/list.php?i=hikarijuku&no=all
┃ 【メルマガ感想】
https://docs.google.com/forms/d/1JuQmNNeYegnSJEp_Ywzpa85lQe3Xon4yWvn5OSwnlQM/viewform?edit_requested=true
┃ 【お問い合わせ】
https://docs.google.com/forms/d/1dlivXnPV1JXxiHjJVHFNoyufMQ_BVk3ED9_gz5Zc7m8/viewform?edit_requested=true

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です