英語学習の準備 大学受験からTOEICまで

お世話になります。

光塾で最も授業数が多いのは英語です。
受験生はもちろん、社会人や院生でもTOEICを意識して受講しています。

さて、誰しもがやる英語ですが、学習法が確立している人はどれくらいいますか?
とりあえず単語、とりあえず文法、とりあえずリスニング・・・みたいになっていませんか。

明確な目標と課題をもって、英語の学習に臨みましょう。
ここでは英語学習のステップについて書きます。

英語学習のステップ

1 英単語
2 英文法
3 解釈
4 長文

5 フォニックス
6 リスニング

それではまいりましょう;。

まずは単語からです。
これについては、最初から最後までやってください。
単語が終わってから文法に・・・みたいのはやめてください。

単語帳は、初心者にはシステム英単語をおすすめしています。
フレーズをつかって単語を覚えますが、このフレーズがハイクオリティでよいです。

基本的に、英語→日本語 日本語→英語 ができるようにしてみてください。
2回目以降は、発音やアクセントにも気を使いながら進めてください。

また暗記のコツとして、
1日10個を10日やるよりも、
1日100個を10日やったほうがよい。

つまり、全体を何度もリピートするという方法が必要なのだ。

日本語→英語 英語→日本語 アクセントすべてチェック

シス単はCDも売ってますので、ぜひ使ってください。

2 次は英文法です。
英文法も階段を昇るように攻略していきましよう。

おおまかにスケジュールは以下です。

・中学~高校基礎
・高校典型問題
・過去問

以上のような流れになります。
最終的には過去問が解けるようになるのを目指しますが、
最初は簡単なところからはじめましょう。

まずは中学校の範囲からやり直してください。
たとえば、
・形容詞と副詞の違いは?
・Cになれる品詞は?
・第5文形の意味は?

こういうのにつまずくなら、
悪いことは言わない。絶対中学からやり直したほうがいい。

この段階でおすすめなのは、
安河内先生の『超きそがため!わかる英文法』なので、これを買うといいだろう。

 

さて、基礎段階を終えたら次は典型問題だ。
教材は『マイベスト』が難易度、問題数ともに優れている。

基本的には、英文をノートに書き、
そこで構文をとり、問題を解いて答え合わせをするのだ。

これを400題頑張ろう。

ここまでできたら過去問だ。
意外に解けて驚くだろう。

大学ごとの傾向も多々あるので、それに対応するように勉強をしよう。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です