大学に落ちた日

国立二次、前期日程が終わりましたね。
国立の合格発表は今月の6日からです。

懐かしいことに、僕も10年前くらいでしょうか。
やはり大学に落ちました;

僕はとにかく数学ができなかったので、
やはり数学で落ちました。
あんなにやった数学、センターでさえ3割くらいしかとれなかった。
2Bは3割いったかも怪しい。

でも3年間、ひたすら数研出版の難しい教材で
毎日6時間くらいやってた。
でも、落ちた。

僕は発表の帰り道、
「ああこの大学が求めていることと、僕がやってきたことは違うんだ」と。

僕はこの日、当時通っていた塾に向かった。
結果の報告をしにいったんじゃない。
毎日のように続けていた自習室への入室を許可してもらった。
僕は落ちたその日にも、自習室で勉強をしていた。

でもまだそのときは東大の赤本をやっていたように思う。

いずれこの少年は気づくのだが、
東大の数学の問題は、比較的基本的な内容の組み合わせなのだ。
僕はその組み合わさったものをひとつのものとしか見られず、
問題の分解もできなかったので、
ひたすらに東大の過去問をやっていた。

しかし、到達点は東大の過去問であっても、
そこにたどり着くための勉強も東大の過去問なんだろうか?

僕は比較的英語が得意だった。
それはなぜか?と問うてみると、中学時代から英語が好きで、
どんなに簡単なドリルだってやっていた。
中学の問題ばかりやっていたが、英検も中学生では珍しい階級になったし、
高校受験も苦労したことがなかった。
だが、決して英検の過去問や、高校受験の過去問を取り組んでいたのではなかった。

中学時代、学校のレベルはそこまで高くなかったが、
それでも言われたことをやった。
過去問なんか扱ったことなんかなかったが、
それでも本番で過去問は解けた。

こういう経験から僕は教訓を得た。
たどり着きたい目標のために、目標と同じことをやってもダメだということだ。
つまり、東大志望だからといって東大の過去問ばかりをやるのは違う。
学習は目標から決めるのではなく、今の君の現状をつぶさに見つめて、
プラス1くらいのレベルの教材に取り組むべきなのだ。
そうすればそれが終われば次はプラス2だ。
こんなふうにしてレベルを階段を上っていく。
東大のレベルが10ならば、9までしっかり上ってあと1段踏み出せばいい。

そんなことを、合格発表の日に思った。
きっとすべての人が志望校に合格できたわけではないだろう。
でも、言い訳かもしれないけども、やっぱり僕は思うよ。

「落ちてよかった」

ってね。
だって、落ちてなければ勉強法の研究なんかしてないし、
塾なんか作ってない。
これは全部、当時の僕がなって欲しかった僕なんだと思う。

だから
「落ちてよかった」

って思います。

受験の感想など、こちらにください。
https://line.me/R/ti/p/%40rmj0079g
すべてひとりずつお返事してます。
登録してね。

光塾への想い New!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
╋━光塾の指導ノート━━━ ┃
┃【佐野光まとめ】
┃【Ready for プロジェクトページ・詳細】 ※支援はここから
┃【Ready for の経緯と概要まとめ】 
┃【光塾申し込みはこちら】
┃┃【発行責任者】
┃┃佐野光
┃【公式サイト】
┃【無料体験授業申し込み】
┃【塾指導申し込み】
┃【個別コンサル】
┃【自己紹介】
┃【公式Line】
┃【Facebook】
┃ 【Facebook コミュニティ】
┃【YouTubeチャンネル】
┃【LINEで友達になる】
┃【学習法マニュアルを入手する】
┃【メルマガ登録】
┃【メルマガ紹介】
┃【メルマガバックナンバー】
┃【メルマガ感想】
┃【メルマガ解除】
┃【お問い合わせ】/a>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:光塾・佐野光
光塾公式サイト

光塾メールアドレス
メルマガ解除はこちら

メルマガのバックナンバーはこちら
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です